エロ体験投稿館



1500人の自画撮りおっぱい画像公開中!
全日本おっぱい選手権


バツイチ美熟女と

レス表示:新着順 古い順
1とし時計 2016/01/17 00:52 電話3PC iPhone

夏も終わりかけの頃、やけにムラムラしていた夜に、昔風俗で一度遊んだフェラチオがむちゃくちゃ上手い熟女の事を思い出していた。 あの女どうしてるかな〜なんて携帯をいじくっていると、連絡先が出てきたのでメールをしてみると、返事があり元気ですよとの事。

何度かやり取りしてるうちに、食事でもどう?と誘ってみるとokの返事。
後日待ち合わせをして、食事に行った。
会う前は本当に食事だけのつもりだった。 だか店に入り対面に座って改めて見ると、メチャクチャ綺麗で上品で色気が半端なかった。 黒髪ロングで唇もたまらない。 お酒が入ってくる内に、なんとしても抱きたい!と性欲が爆発しかけていた。 話も盛り上がって帰ろうかと店をでた。そこで思いきって帰りの方向と反対側に手をつないで歩いてみた。もちろんホテル街の方向にだ。 ホテルが近付いてくると、なんと彼女が繋いでいた手をギュッと握ってきた。 そして色っぽい表情で微笑みながら、「入っちゃおか?」と言ってきた。 生唾もんだ。
部屋に入るなり彼女は「シャワー浴びてきていい?」と言ってきたが、「浴びてほしくない、○子さんの匂いも何もかも味わいたいんです。」 そう言うと彼女は微笑んで、ソファーに腰をおろした。
もう我慢出来ない。隣に座り優しく優しく髪を撫でたり、見つめ合ったりしていると○子が「キスしよ」 と言って来たので、抱き寄せながらキスをした。すかさず舌をねじ込むと○子も絡めてきた。吐息もたまらなくエロい。唾液をもっと味わいたい。「○子の唾液飲ませてほしい」すると彼女は少し上からトロんとした唾液を口の中に垂らしてくれた。「恥ずかしい」そう言うと彼女もスイッチが入ってさらにキスを続けた。 ○子の胸を服の上から触るとさらに激しく舌を絡めてくる。
もう限界だ。無我夢中で彼女の服を脱がすとモデル並にスタイル抜群の上に、純白のブラと純白のパンツがエロ過ぎる!ベッドに行き○子の全身の匂いを嗅ぎまくりブラを外し乳首にむしゃぶりついた。「あぁん!」 感度も最高だ。 そしてパンツの上からアソコを触るとびしょびしょになっているのがはっきり分かる。 段々手を激しくしていくと○子も本気モードに入り
「あぁん!いやん!すごく気持ちいい!」 パンツをずらすとステッチの部分にびっしょり愛液がついている。その匂いを嗅ぎ思いきり舐め回した。「○子、たまらなくおいしいよ。」「イャん!恥ずかしいよっ…」もうエロ過ぎる表情だ。「もっと飲ませてくれっ!」びしょびしょになったマ○コに顔をうずめ舐め取り回すと、「ああんっ!……すごいよ○○!」さらに舌先でクリを刺激しまくっているうちに、
「はんっ!ああん!イクっ…イクっ!」もうトロトロになって果てて最高にエロい。
最高の女だ!何としても俺のものにする!
「○子、口を開けて舌を出して!」○子の舌の上に唾をたっぷり垂らす。
「んぐっ……はぁん!おいしいっ!もっとちょうだいっ…!」さらに濃厚な唾を垂らすと「んぐっ!はああんっ!おいしい!…私にも舐めさせてっ!」そういうと首筋から乳首を舐めてきた。スローな舌使いがむちゃくちゃ気持ち良過ぎて、俺のアソコはパンパンになってすでに我慢汁も出ている。すると○子はパンツをずらし、四つん這いになり我慢汁だらけのチ○ポを舐め始めた。とろける舌使いだ。そして仰向けにされるとむちゃくちゃエロい表情で咥え始め、根元まで咥えたり、亀頭を舌で舐めたりとテクニックが凄すぎる。こんな女は初めてだ。マ○汁をもっと味わいないのですかさず69で愛し合う。 あまりのテクにイキそうになってきたので、正常位でぶち込む!
「あんっすごい、○○のチ○ポ固い」
濃密に唾液効果しながらゆっくりゆっくり出し入れを繰り返す。クリも触ってあげると
「はぁん!気持ちいい!もっとして〜!」
どんどん声が大きくなって「ダメ!イッちゃいそう!」
「イッていい?」と甘えてきたので
「まだまだこれからだ」と腰を止めると
「唾ちょうだい、飲ませて」とむちゃくちゃ可愛い表情で舌を出してきたので、たっぷりの唾を3発垂らすと
「おいしいっ!ねぇ私と付き合って?」とまさかのお言葉!その言葉に猛烈に興奮し獣の様に突きまくった!
「どうだ、おれのチ○ポは?」
「あぁん!いゃん!……はぁん!すごいっ!」
「俺の女になるか!?」
「んんっ!お願い!○○がいいっ!……はぁん!」
「俺の事そんなに好きか!?」
「好きっ!ああん!イャんっ…気持ちいいっ!」
「俺も好きだっ!あ〜もう我慢出来ない!どこに欲しいんだ!?」
「中っ!中にきて!……ああん!すごいっ!むちゃくちゃにして○○〜!」
「ほら!むちゃくちゃにしてやる!ほらぁ!」
「気持ちいいっ!あんっ!んはあっ!」
「口開けろっ唾飲んでくれっ!」
「ああんっ……すごいっおいしいっ!もうダメ〜〜」
もう我慢できない!素晴らしい女だ!
「ダメ〜!…スゴ、…イッちゃう!イっちゃう!」
「ああ〜○子!イクぞっ!」
「アンッ!きて!ちょうだいっ…いやっ……○○イク〜!あはぁぁん!」

「きれいにしてくれ!」「んんっ…んん! はぁんっ……んっあぁすごくおいしいっ…あぁん!」

*前 #
次の頁(返信数:0)
レンチスレッド設定
本日:[ 1 ] 昨日:[ 1 ] 累計:[ 1796 ]
ユニーク値にてカウント